Uniqys Kit

DAppsの開発をもっと身近に

Uniqys Kit は、ブロックチェーンインフラを提供するChain Coreと、 DAppsをより簡単に作成できるEasy Frameworkによって、 Uniqys NetworkでのスケーラブルかつデベロッパーフレンドリーなDAppsの構築をサポートします。

Uniqys KitはOSSとしてGitHub上に公開されています。

Uniqys Kit

Chain Core
Easy
Framework

Chain Core

Chain Coreは、 Uniqys NetworkでDAppsごとのサイドチェーンを構築するための、ブロックチェーンインフラを提供します。 これにより、スケーラブルでハイパフォーマンスな、トランザクション手数料に悩まされないDAppsを構築することができます。

Chain Core

Scalable

Chain CoreによりDAppsごとに固有のブロックチェーンが、Ethereumのサイドチェーンとして構築されます。 また、コンセンサスアルゴリズムとしてProof of StakeによるファイナリティーのあるPBFTベースのアルゴリズムを採用します。

これにより、Uniqys Networkをアプリケーションの数だけスケールさせ、トランザクション手数料の高騰や承認待ちに悩まされない DApps環境の実現を目指します。

Flexible

DAppsを固有のブロックチェーンとすることで、デベロッパーはブロックチェーンのルールを選択する自由を得ます。

ユースケースにあわせて、トランザクション手数料やブロック報酬を無料や定額も含めて自由に決めることができます。 ユーザーが行動しようとするたびに、手数料に煩わされる心配はありません。

また参加者の少ないブロックチェーンはそのセキュリティを確保しにくいという問題があるため、Chain Coreではステークに上限を設定することでDAppsをどの程度パブリックにするかを調整します。 これによりリリース初期にはバリデーターの過半数をデベロッパーが把握した状態で開発を進め、 その後徐々にパブリックなバリデーターに分散させるといった運用が可能となります。

Interoperable

Chain Coreを用いたDAppsは Ethereumのサイドチェーンとなり、 バリデーターのステークやユーザーの資産となるトークンは Ethereum上で管理されます。 これにより、DAppsのトークンをEthereum上のトークンとして取引することを可能にします。

Easy Framework

Easy Frameworkは、Chain Coreを用いたDAppsの開発を簡単にするフレームワークです。

Easy Frameworkを使うことで、デベロッパーはブロックチェーンを意識せずに従来のWebアプリケーションのようにDAppsを作成できます。

Easy Framework

Transparent

Easy FrameworkではHTTPのリクエストメッセージをブロックチェーンのトランザクションとして扱います。

クライアントで署名されたリクエストは、トランザクションとしてブロックチェーンに記録され、認証されたリクエストとしてサーバーアプリケーションによって処理されます。 これによりクライアントからもサーバーからもブロックチェーンを意識せず、HTTPサーバー・クライアントアプリケーションとしてDAppsを実装することができます。

Easy

Easy FrameworkではMerkle Trieによってブロックチェーンに記録されるアプリケーションの状態を、Memcachedプロトコルから扱えます。 また、ユーザーアカウントに関する部分はREST APIが提供されます。 これらによりアプリケーションは、既存のMemcachedクライアントおよびHTTPクライアントを用いて、ブロックチェーンに記録される状態を操作する事ができます。